ファミリー国内・海外旅行 子連れお出かけの記録を綴ります。

子供も楽しめました☆故宮博物館 台湾旅行記二日目その2
2007年11月02日 (金) | 編集 |
忠烈祠(ヂョンレイツー) の次に向かったのが お待ちかねの 
故宮博物館 です。

kokyu-hakubutu.jpg
ものすごい収蔵品がいっぱい!でした


スポンサーリンク

私が行ったときはまだリニューアル中とのことで
従来の半分程度しか展示物を見ることができませんでしたが
それでもとても見ごたえがありました。

ガイドさんに解説をしてもらいながら周るか、自分で動くかは
自由とのことでしたので 自分たちで見ることにしました。
小さい子がいると 早足で周るのも大変ですし・・
主な展示物の前ではどこかしらの日本からのツアーの団体がいて
ガイドさんが解説していますから 便乗して聞いていました。

どれを取ってもため息が出そうなほど素晴らしい宝物ですが
やっぱり人気は 白菜&豚の角煮 でした。
(正式名称は「肉形石」と「翠玉白菜」だそうです)
折角の特大宝石をわざわざ肉や白菜にしてしまうその贅沢さ・・
展示物の周りには 人だかりが常に出来ていましたが
なんとか最前列で一瞬見ることができました。

両方とも お見事 の一言でした (*´Д`)=3

でも・・ 私、勝手に本物の白菜と同じ大きさだと思い込んでいたため、 
「あれ?小さい・・」 と思ってしまいましたが。。

写真撮影は出来なかったので ミュージアムショップで購入した
お土産の写真を貼っておきます。

mini-IMG_2925-070802.jpg
白菜 マグネットです

mini-IMG_2923-070802.jpg
豚の角煮 こちらはマウスパッド♪

(お土産のことは こちら でも書いています)

他にも 象牙を彫って彫って彫りまくったミニおままごとセットとか
球の中の球の中にまた球が・・という彫り物など 
子供たちも目が釘付けになるような宝物が山のようにありました。
途中で飽きちゃうかな・・ と心配したのですが
案外真剣に見入っていたようです。(下の子は途中から怪しくなりましたが)

子連れでなければ一日ここに居たくなるような博物館です。
北京にも 「故宮博物館」 があるそうですが、
ガイドさん曰く 
「蒋介石が中国から逃げてきたとき、宝物を全部持ってきちゃったから 
こっちの方がいいものがあるんだよ♪」 
とのこと。そうなんですか・・

子供にとっても 本物の国宝級美術品を見る、というのは
良い経験になるんじゃないかなと思いました。

mini-IMG_3902-070801.jpg
博物館前で記念撮影☆

↑上の写真、ご覧のとおり雨降りです。
で、なぜ下の子をおんぶしているかというと

よりによって こういう日に靴底が破れたから (´・ω・`)

某激安通販で購入した靴なのですが 
気に入って履いていたので旅行にもこれで来たのです。・・が!
そんなに履きこんでいないのに 見事に靴底がめくれて 
歩くだけで水が入ってしまって・・ 
かわいそうなので おんぶして移動しました。

次は 子供靴を求めて奮闘したお話? と
ツアーでは避けて通れないお土産屋さん連行についてです。

☆この激安台湾ツアー旅行記 は こちら が最初の記事です☆
↓旅行記のブログが他にもたくさんありますよ♪ (´▽`*)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へCoRichブログランキング



今日はどんな格安ツアー?
こつぶの激安ツアーご紹介ブログ もぜひご覧ください♪
テーマ:子連れ旅行
ジャンル:旅行