ファミリー国内・海外旅行 子連れお出かけの記録を綴ります。

ラピュタのあの木?&カモノハシ探し お盆 ケアンズ 4日目 その4
2014年05月20日 (火) | 編集 |
「神秘の土ボタル+夜行性動物探検ツアー」 後半です。
ロックワラビ―の餌付けの後、「ピーナッツプレイス」で休憩&お土産タイムです。


ss-IMGP0826.jpg
巨大ピーナッツマン 記念撮影スポットになっていました

スポンサーリンク

ss-IMGP0824.jpg

ピーナッツ屋さんではフルーツとピーナッツの試食。
その後お土産購入タイムです。


ss-IMGP0825.jpg

店内ではアイスクリームなども売っていて、
長時間移動の休憩にちょうど良い感じのお店でした。


ss-IMGP0829.jpg

試食して美味しかったのでピーナッツの小袋、いろんな味を買いました。
特に美味しかったのが上の写真のケイジャン味とワサビ味。
1袋2ドルなので、バラマキお土産に良いと思います。
ケイジャン味は美味しすぎて帰国後ついオットと全部食べてしまい
上の子にものすごくがっかりされてしまいました・・・ ごめんなさい。


ss-IMGP0837.jpg

しばし移動タイム。 こんな感じの風景がずーっと続きます。
オーストラリアって広いよな~ って改めて思います。


ss-IMGP0832.jpg

次の観光ポイントは Nyleta湿地です。
野鳥観察小屋みたいなのがあって、そこから鳥を眺めます。


ss-IMGP0833.jpg

風景はこんな感じ。 
日本の池のある公園とたいして変わらない感じでした。


ss-IMGP0834.jpg

珍しい植物があるとガイドさんが教えてくれました。
この木なんですが・・・


ss-IMGP0835.jpg

木の幹の中ほどにある 傘の骨を逆さにしたような部分。
あれ、実は寄生植物なんだそうです。
木にああやってくっついて、上から落ちてくる葉をキャッチして養分にしてるんだとか。
寄生するっていっても まあこれくらいなら可愛いもんですね。


ss-IMGP0839.jpg

で、次のスポットは これまた寄生植物の 「カーテンフィグツリー」 です。
上の写真のようなジャングルの中のキャノピーウォーク風の遊歩道を歩いていくと・・・


ss-IMGP0844.jpg

迫力の大木が現れます。
名前の通り カーテンのように根っこみたいなのが無数に垂れていて壮観です。
ラピュタの飛行石を抱えて飛んで行ったあの大木にちょっと似ているような。

この根っこみたいな部分が寄生植物です。
「絞殺しのイチジク」 という名前の通り
宿主を長い時間かけてこの根っこで締め付けて枯らしてしまうんだとか。
この大木は今まさに絞殺され中と思うとちょっと恐いです。
見学に行った時間が夕方で、ちょっと薄暗くなっていたので余計に不気味でした。
でも面白かったな~ 自然のパワーを感じた場所でした。


次に向かうのは野生のカモノハシ出現スポットです。


ss-IMGP0846.jpg

↑ 地味目な普通の川です。
ここにカモノハシが住んでいます。
カモノハシは見られたんですが、小さい個体だったらしく
私には黒っぽいカメがぽわぽわ泳いでいるようにしか見えなかったです。
(写真も撮れませんでした・・・)
カモノハシってすっごく臆病で用心深いらしく
声を出してはいけない・シャッター音もダメ、だったので
ちょっと緊張してしまいました。

この後、夕食会場へ向かいます。
テントが張ってあって、キャンプをしているみたいで楽しかった!
野生のポッサムも遊びに来てくれます♪

☆このお盆ケアンズ旅行記は こちら が最初の記事です☆
旅行記のブログが他にもたくさんありますよ♪ (´▽`*)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へCoRichブログランキング



今日はどんな格安ツアー?
こつぶの激安ツアーご紹介ブログ もぜひご覧ください♪
テーマ:子連れ旅行
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可