ファミリー国内・海外旅行 子連れお出かけの記録を綴ります。

ユーラシア大陸最南端・マレーシア タンジュンピアイへ 2011.GWシンガポール2日目その1
2011年07月31日 (日) | 編集 |
シンガポール2日目はマレーシアへの日帰りツアーです。


s-DSC00153.jpg
ダックツアーの水陸両用車 シンガポールの街中を走ってました

スポンサーリンク

ツアーは午後からです。
ウェンディーツアーで予約しておきました。
「ユーラシア大陸最南端と蛍鑑賞ツアー」 です。
当初13時半集合の予定だったのが 
シンガポールの連休中ということで12時半に早まりました。
日本のGWはシンガポールでも連休なのでどこも混み合うようです。

起きた時は土砂降りでがっくりでしたが すぐに晴れました。
5月のシンガポールは乾季といっても1日晴れの日はなかったです。


s-DSC01043_20110607182740.jpg
カジノビュー

s-DSC01044.jpg
シンガポール本島方面

s-DSC01046.jpg
マウントフェーバーからのゴンドラが見えました

USSの裏手の部屋だったので少し残念だったけれど
静かだし緑も多いし これはこれで良かったかも。

すでにホテルの朝食の時間が終わっていたので
子供たちの朝ごはんをどうしようかな、と思いましたが
子供のリュックに↓これが入っているのを思い出しました。


s-DSC01040.jpg

s-DSC01041.jpg

大韓航空のお持ち帰りセットです。
ディナーの時だったか もしかしたら到着前のスナックの時か、
子供がお腹いっぱいでメイン以外を食べられなかったので
アテンダントさんがランチパックにして持たせてくれたものです。
大韓はほんとにこういう所まで気がきくんですね。
そんなことをしているうちにツアー集合時間になりました。

このツアーの参加者はうちと若いご夫婦の2組のみでした。
マレーシアの蛍観賞ツアーは 「蛍+マレー村」 のセットのツアーが
一番メジャーみたいなので ユーラシア大陸最南端は人気が無いのかも?
マレー村、あまり面白くなさそうなんだけどな~。

ガイドさん曰く 午前中に出発のマラッカ方面ツアーは
シンガポール出国に2時間(!)かかったそうです。
とにかく5月の連休中はどこも大混雑なんだとか。

知ってたらGWにシンガポールに来なかったよ・・・
などと思いつつ国境へ。
出国審査場は凄い人でしたが 午前中ほどは混んでいなかったようで
割とスムーズにマレーシアに入国できました。


s-DSC00157.jpg

マレーシア入国直後。
すでにシンガポールのシュッとしたビル群とは微妙に違う感じ。
ちょっと田舎っぽいところがいいです。


s-DSC01053.jpg

それからもう少し走るとすっかり農業地帯に。
これは確か油ヤシだったかな?
ドリアンの栽培園、蘭園なんかもいくつか見えました。


s-DSC01055.jpg

タンジュンピアイの看板。
ここまで結構時間がかかりました~。

マレー半島最南端の地・タンジュンピアイに到着したのは午後4時頃でした。
シンガポールの人が連休でマレーシアに遊びに来るそうで
渋滞に何度かはまってしまい 結構時間がかかりました。


s-DSC00207.jpg

タンジュンピアイ国立公園入り口のモニュメントです。
最南端です!っていう地図が描かれています。
シンガポールのセントーサ島にも 「ユーラシア大陸最南端」 地点があるのですが
まぁシンガポール本島もその先のセントーサ島も 「島」 なので
タンジュンピアイの方が正しい最南端かな?と思います。

シンガポールの言い分としては 
「マレーシアとは橋でつながってるからうちが最南端!」
ということらしいですけど ちょっと無理があるような。


s-DSC01058.jpg

↑こんな感じで最南端ポイントは海に突き出しています。
そこまで結構な距離を歩いて行きます。


s-DSC01061.jpg

s-DSC01063.jpg

最南端地点までは キャノピーウォークみたいな長い桟橋を歩いて行きます。
マングローブの森の中にはお猿さん、蟹、トカゲなどいろんな生き物がいます。


s-DSC00172.jpg

ジャングルを抜けると最南端地点が見えてきました。
積み上げられた土嚢が雰囲気壊してます・・・


s-DSC01077.jpg

大きな地球儀のモニュメント。
ここで記念撮影をみんなしてました。


s-DSC01075.jpg

左がジョホール海峡、右がマラッカ海峡だそうです。
海の向こうにシンガポール、インドネシアの島も見えます。


s-DSC00203.jpg

帰り際 お猿さんが出てきていました。
(土嚢にかかってる枝の上にいます)
横にあるゴミがなんだか哀しいです・・・


s-最南端証明書

公園入り口の事務所に戻ると 
名前入りの 「最南端地点訪問証明書」 が用意されていました。
こういうのは記念になるので、ちょっと嬉しいです。

この国立公園、こぢんまりしていて売店にも水とお土産がちょこっとある位です。
ここでマレーシアのお土産と硬貨をゲット。


s-DSC01596.jpg

素朴な感じのマグネットです。5リンギット=150円弱でした。
お土産はほんとこれ位で他には何もない感じでした。
ここはシンガポールドルが使えなかったので
ガイドのおじさんに頼んで両替してもらいました。
お釣りで硬貨ももらえたし マレーシアでの目的を達成できました。

このユーラシア大陸最南端地点、
行った所で特に何がある、ってわけではない場所でしたが (;´▽`A
まぁマレー村に行くよりは私的には良かったです。
訪問証明書も貰えたし。

次はまるでクリスマスツリーのようだ、と言われる蛍観賞に向かいます。

☆このGWシンガポール旅行記は こちら が最初の記事です☆
↓旅行記のブログが他にもたくさんありますよ♪ (´▽`*)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へCoRichブログランキング



今日はどんな格安ツアー?
こつぶの激安ツアーご紹介ブログ もぜひご覧ください♪
テーマ:子連れ旅行
ジャンル:旅行