ファミリー国内・海外旅行 子連れお出かけの記録を綴ります。

シルクロードの宿場町・上里古鎮 2010.08中国成都&ソウル3日目その8
2011年01月13日 (木) | 編集 |
子パンダたちとのふれあいタイム のあと、
雅安のパンダ基地を出たのは午後4時位でした。
基地に来る途中見かけた 上里古鎮 が気になって立ち寄ってみました。


s-DSC00600.jpg
「千と千尋の神隠し」 に出てきそうな街並みでした

スポンサーリンク

上里古鎮は四川省の十大古鎮の一つで
南方シルクロードの宿場町として栄えていたのだとか。
なるほど なんとなく日本の旧街道の宿場町に似た雰囲気もするような・・


s-DSC_0526.jpg

s-DSC_0534.jpg

s-DSC_0538.jpg

少し裏手に回ると普通に洗濯物が干してあったり
子供たちが遊んでいたりします。それがまたいい感じです。

子供の頃、NHK特集のシルクロードを見ていた記憶があるのですが
実際にその場所に自分が立っていると思うと不思議な感覚がします。

大昔の人がこんな山の中をてくてく歩いて遠い外国まで旅をして
ここで休んだりしたんだろうか・・ と考えると
歴史のロマンをちょっぴり感じたりします。

中山道の馬篭・妻籠宿の雰囲気も大好きで
今まで何度か行ったことがあるのですが
宿場町の独特な魅力ってありますよね。
ほんのわずかな時間でしたが 立ち寄って良かったです。

夕方近い時間でも中国の団体さんが来ていました。
お昼ならもっと人が多いのかもしれません。
観光地らしくお土産屋さんもたくさんありました。


s-DSC00592.jpg

s-DSC00599.jpg

上は雷おこしそっくりのお菓子屋さん、下は串屋さんです。
他にもお店はいっぱいありましたが 
どのお店の人も恥ずかしがり屋さんというか
(言葉が通じない変な外国人に引き気味だっただけか・・)
売らんかな!という感じが全然無くてよかったです。
どのお店も味見させてくれて 
「ハオチー!」って言うと ←唯一(に近い)知っている中国語
にこっ♪ としてくれてとても感じ良かったです。

おこしは大きな袋で10元、串は1本1元でした。安い!
どちらもすっごく美味しかったんですけど 
特に串屋さんの激辛豆腐串が美味でした。

本当はこの日、雅安のパンダ基地の後で 
陳麻婆豆腐の本店に連れて行ってもらう予定だったのですが
パンダふれあいなどで予定より遅くなってしまったこともあり
陳麻婆豆腐は諦めました。
本場の元祖麻婆豆腐店に行けなかったのは残念でしたが
上里古鎮に立ち寄ることが出来て良かったです。
とても印象深い街並みでした。

次はこの日の夕食について。
ホテル直下の成都伊勢丹の中華レストランに行きました。

☆このお盆成都&ソウル旅行記は こちら が最初の記事です☆
↓旅行記のブログが他にもたくさんありますよ♪ (´▽`*)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へCoRichブログランキング



今日はどんな格安ツアー?
こつぶの激安ツアーご紹介ブログ もぜひご覧ください♪
テーマ:子連れ旅行
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
なんだか
風情のある場所だね。
確かに 千と千尋 にでてきそう。

今も泊まりにくる人が いるんだろうかね?

ブログ 更新。 離れると はなれちゃうんだよ
ねぇ~。お互いマイペースで いこうね。
2011/01/13(Thu) 12:19 | URL  | porunn #-[ 編集]
いい!
こういった雰囲気のところめっちゃめちゃ好きですv-10
千と千尋、分かるわぁ~^^。
大好きなジブリ映画の一つなので、お写真見てるだけで空想が広がりそうです☆
昔テレビでみたところに実際に自分が立つってとっても不思議で嬉しい感覚ですよね~!
(たまにテレビ映りがあまりにもよくて、実際はガッカリしたケースもありますが・・・笑)
3枚目のお写真は、台湾の九份にも少し似ていますね~!赤い提灯も^^。
2011/01/14(Fri) 18:14 | URL  | ぎゅうまおママ #SFo5/nok[ 編集]
この前
テレビで千と千尋やってましたね~。
湯ばあば が出て来そうな雰囲気。
売る気満々のお店より、素朴な感じがして良いですね。

上海からの日帰り圏内にも、こういった雰囲気の町並みがあって良かったです。

同じく、馬篭・妻籠宿の雰囲気好きですよ~。
その手前の木曽辺りの宿場町も空いているので、紅葉の時期などに行きます。
我が家の直ぐ近くにも、旧中山道ありまりますが・・・普通の道です(笑)
2011/01/14(Fri) 20:23 | URL  | sonomama #POQ5NLzM[ 編集]
こんばんは
わたし、こんな雰囲気なところ大好きです。
先日のグアムで新しい発見が何もなく、不完全燃焼なので、こつぶちゃんの中国日記がとても新鮮に感じます。台湾の九分にも似た感じよね。
2011/01/16(Sun) 01:25 | URL  | バンビ #-[ 編集]
porunnさん
ここだけゆったりと時間がながれているような不思議な所でした。
夕方で観光客が少なかったせいもあると思うけど、いい感じでした。
○○飯店、っていうのがいくつかあったので、今でも泊れるところがあるみたい。
こんな通なところに泊れたらいいなぁ。

ぎゅうまおママさん
私も思ったんですよ。キュウフンに似てるなって。
こちらは水路や水車があってもっとゆったりした感じです。
四川旅行はパンダオンリーの予定だったけど、
予定外にプチ観光ができて良かったです。

sonomamaさん
sonomamaさんも宿場町お好きなんですね!
あの何とも言えない情緒、いいですよね~
最近妻籠に行った時はお宿にたくさん外国人の方が泊っていたようで、
インターナショナルになったなぁと驚きました。

バンビさん
確かにグアムとかサイパンだと手軽に行ける半面、ほんとに外国?と思っちゃうというか
「外国に来た!」って感じはしないかも・・
私も次に行った韓国ではそんな感じでした。
どこでもそうだけど2回目以降の旅行はわくわく感は薄れちゃうかもですね。
私も次は3度目のシンガポールです。
楽しめるかしら。
2011/01/17(Mon) 08:48 | URL  | こつぶ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック