ファミリー国内・海外旅行 子連れお出かけの記録を綴ります。

パンダ抱っこまとめ☆雅安碧峰峡パンダ基地 2010.08中国成都&ソウル3日目その7
2011年01月12日 (水) | 編集 |
雅安のパンダ研究センターについては
事前に調べてもいまひとつ詳しいことが分からなかったので
これから行く方の参考になれば、と思い覚えていることを書こうと思います。
(2010年8月の時点での情報です)


s-DSC_0491.jpg
こんなことが出来るのはここだけ!です♪

スポンサーリンク

☆パンダ基地チケット☆

雅安碧峰峡風景区の観光センターでチケットを購入します。
チャーターの車や観光バスはこのセンターの駐車場までだと思います。
観光センターからバスに乗って基地に行きます。
バス代はチケットに含まれています。
パスポートを持っていくとチケットが割引になるみたいです。
いろんな観光スポットの組み合わせでチケットの値段は違います。
碧峰峡&パンダ基地&バス で大人118元・子供60元でした。


s-DSC_0306_20101117111145.jpg
センターのチケット売り場 言葉が通じずちょっと大変でした



☆飲食店☆

パンダ基地内には飲食店は無かったです。 
観光センター周辺に食堂が何件かありました。
またパンダ基地のゲートの外にも1件食堂がありました。
ゲート外の食堂で食事をしてから再入園していた人を見たので 
基地から一旦出て再入園することは可能なようです。

でも午前11時半から午後1時半まではゲートを完全に閉鎖してしまうので
(数分遅れても入園させてもらえません)
それにはかからないように注意した方がいいと思います。



☆売店・お土産など☆

観光センターの周辺にはお土産屋さんがたくさんありました。
パンダ基地内には2件売店がありました。
パンダ基地ゲート外にもあって、どこもパンダグッズがいろいろありました。


s-DSC00574_20101117110607.jpg
パンダ基地の外にあったお店 基地内の売店より品ぞろえ豊富でした


パンダ基地内の売店の内、入場ゲートに近い方では
カップ麺が売っているので 私たちはこれでお昼ご飯を済ませました。
ここの店番をしていた女の子が人懐っこくて可愛かったです (*^-^*)


s-DSC00507_20101117110608.jpg
基地の売店&看板娘ちゃんです 



☆パンダふれあい&写真の時間・料金など☆

こちら でも書いていますが・・

・子供パンダ5頭と遊ぶ・・・ 一人1000元/5分
・子供パンダと記念写真・・・ 一人500元/20秒(実際は1分位?)

時間は私たちが行った日は午後3時半頃からでした。
でもパンフや園内案内には一切このことに関する案内は出ていなかったので
その日の都合によって変わるのかもしれないです。
詳しいことはパンダ幼稚園近く・売店の横のログハウスにある事務所で聞きました。

で、後から知ったんですけど 現地発着のツアーでは
子パンダにミルクをやるとか 大人パンダ&子パンダのシャワーの手伝いとか
他にもいろいろやってるみたいなんですよね・・
知ってたらミルクやり、やってみたかったです (´・ω・`)
こちら で見られますのでよかったらどうぞ。
(リンク切れしてたらごめんなさい)
ただ 自分で行くよりは確実にお金がかかりそうです。


☆雅安までの車チャーターについて☆

現地の旅行代理店にお願いしました。
料金は4人でセダン移動で1日1万円もかからなかったと思います。
日本からメールでやりとりできますし 
担当の方が日本人だったのでほんと助かりました。
日本語が出来る中国の人より 日本人の方がなんとなく安心です。
実際、この雅安のチャーターの日を間違えるという
致命的なミスをしてしまったのですが (T-T)
日にちを振り替えてもらったり いろいろお世話になりました・・
 

あと雅安の基地のトイレ。 はっきりいって入りたくない感じです (´・ω・`)
でもパンダ幼稚園のある建物のトイレはまだマシでした。


s-DSC00482.jpg
画面左側の白い建物です
(白丸の中には子パンダがいます。高い所も平気なんですね!)


成都の基地はお手軽に行けるのがいいんですけど
雅安では子パンダ軍団と遊ぶことができますし写真撮影は成都の半額です。
あと 写真撮影の様子を周りで見ることが出来るのも成都と違って良かったです。
私は子パンダと遊ぶことが出来て ほんと行って良かったと思っています。

次は雅安からの帰路、上里古鎮に寄ったことについて。
シルクロードの宿場町だったそうです。
とても趣のある街並みでした。


☆日本国内でパンダふれあい体験がセットになったツアーがありました!
白浜アドベンチャーワールドのパンダバックヤードツアーが最初からセットになっています。
抱っこはできませんが、エサやりなどで大接近できます♪
↓よかったらご覧ください。(リンク切れしてたらごめんなさい・・・)
パンダに大接近!南紀わくわく体験ツアー

私が白浜でパンダバックヤードツアーに参加した記事は こちら です。
併せてご覧頂けると嬉しいです♪

☆このお盆成都&ソウル旅行記は こちら が最初の記事です☆
↓旅行記のブログが他にもたくさんありますよ♪ (´▽`*)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へCoRichブログランキング
関連記事



今日はどんな格安ツアー?
こつぶの激安ツアーご紹介ブログ もぜひご覧ください♪
テーマ:子連れ旅行
ジャンル:旅行