ファミリー国内・海外旅行 子連れお出かけの記録を綴ります。

パンダたわむれタイム☆子パンダと遊んできました!2010.08中国成都&ソウル3日目その6
2010年12月07日 (火) | 編集 |
パンダと遊ぶふれあい体験に参加しました!
子どもパンダたちと短い時間だったけど遊ぶことができて
本当に貴重な体験ができました。


s-DSC00540 - コピー
感動の2ショットですっ!

スポンサーリンク

成都の基地と同じく、青い割烹着・手袋・足カバーの完全装備です。
蒸し暑い中これを着て待つのは辛かったです。
2ショット撮影会 の間に他のチビパンダたちを広場に集めていたようです。


s-DSC00532.jpg
やっとパンダに会えます!

s-DSC00533.jpg
おやつを片手に待っていてくれました

子パンダたちは5頭いました。
抱き起そうとしても重くて動かせなかったので
多分成都で抱っこした子たちより大きいと思います。
この子たちを5分間触りまくりできます!


s-DSC00534.jpg
最初はおそるおそる触っていましたが

s-DSC00541_20101102105642.jpg
最後は密着しても平気に♪ まったく怖くなくなったみたいです

s-DSC_0432.jpg
おやつおいしい?

s-DSC_0437.jpg
うん おいしいよー

↑上の写真の右の子・・ すっごく人間っぽい座り方です。
おじさんがあぐらかいておせんべいでも食べているような。

パンダって笹をうまく食べられるように5本の指のほかに
手のひらに発達した突起があるんだそうです。
まるで7本指があるみたいに。
(最近まで突起はひとつとされていましたが 
最近もうひとつあることが分かったそうです)
だから 上手に小さなクッキーでもつまんで食べられるんですね。
それが人間っぽい雰囲気を醸し出しているのかしら。

パンダは普通の熊より丸顔なんだそうですが
これは笹を食べて顎が発達したからなんですって。
あと、あのたれ目模様は目を大きく見せて敵を威嚇するためなんだとか。
結局はすべて 「かわいい」 方向に進化しているような・・・
威嚇するならウルトラマンみたいなつり目模様の方がいいのにね。
旅行に行く前にちょっと調べてみた豆知識でした。


s-DSC00552.jpg
肉球を触らせてもらってます

s-DSC_0493.jpg
も~ くすぐったいよ~


s-DSC_0476.jpg
どアップ!

子パンダたちはおやつに夢中なので耳をつまもうが
おなかをもふもふしようが おかまいなし、って感じでした。
ここでも飼育員さんは短いふれあいタイムの間、
できるだけ写真を撮れるよう写真撮影の手伝いをしてくれたり
(カメラは?ビデオは?携帯あるなら携帯でも撮ってあげるよ!って感じ)
パンダにエサを手渡せるようおやつを持ってきてくれたりと
いろいろサービスしてくれます。
その分ちょっとせわしい感じでした。
なんだかほんとにあっという間の5分間でした。

最後、子パンダ5頭を集めて家族全員で記念撮影をしました。
帰ろうとすると 子パンダのうちの一頭が
「もっとあそぼうよ~」 というように私の足にしがみつき ガブリ。
甘がみだったので痛くは無かったです。
むしろ 「おぉ・・ パンダに噛まれちゃった・・ ラッキー♪ (*´∀`*)」 という感じ。
この子は子供やオットにも次々まとわりついて
最後は私の割烹着をビリビリに破ってしまい大暴れでした。
遊びたかったのか それとももっとおやつをよこせということだったのか
真意は不明ですが (;´▽`A
とにかく一緒に居られる時間が長くなって良かったです。

手袋着用が非常に残念でしたが
割烹着を 暑いな~ とか言いつつ腕まくりしちゃえば
手首から肘の間で直接触れると思うし 
頬ずりしても怒られなかったし
手袋の上からでも たわしみたいな剛毛の感触ははっきり分かりました。
パンダと遊べるなんて ほんと貴重な体験が出来て良かったです。
子供たちも 待っている間はぶーぶー言っていましたが
パンダと遊べたことに大満足だったようです。
成都から何時間もかけて来た甲斐がありました。

次はこの雅安碧峰峡パンダ基地についてもう少し書きます。

☆このお盆成都&ソウル旅行記は こちら が最初の記事です☆
↓旅行記のブログが他にもたくさんありますよ♪ (´▽`*)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へCoRichブログランキング
関連記事



今日はどんな格安ツアー?
こつぶの激安ツアーご紹介ブログ もぜひご覧ください♪
テーマ:子連れ旅行
ジャンル:旅行