ファミリー国内・海外旅行 子連れお出かけの記録を綴ります。

生まれたてパンダ&大人パンダ 2010.08中国成都&ソウル3日目その3
2010年11月25日 (木) | 編集 |
雅安碧峰峡パンダ基地に到着です。


s-DSC00464.jpg
お昼ごはん? モリモリ笹を食べてました♪

スポンサーリンク

雅安のパンダ基地は11時半から13時半までお昼休みです。
私たちが到着したのは11時半少し前。
急いで入園してなんとか間に合いました。

11時半を過ぎると入園が出来なくなってしまいます。
私たちのすぐ後でまたバスが来たのですが、
ほんの数分の差で基地の中に入れてもらえず 
団体さんがゲートの外で警備員さんに怒っていました。
「このバスに間に合ってよかったね!」 と言われた意味が分かりました。
ほんと、一足違いで1時半までゲートの外で過ごさなくてはいけない所でした。


s-DSC00463.jpg
わずかの差で中に入れず怒っている人たち ちょっと気の毒・・

ゲートの外には食堂があったので
最悪昼休みに当たってしまった場合はここで過ごすことになるのかな?
お土産屋さんもそのあたりに何件かありました。

雅安の基地も山の斜面にある感じで歩くと大変です。
電動カートは1周で10元。同じバスだった人たちはみんな買っていたので
私たちもカートに乗って移動することにしました。

同じバスになった人の中で 「外国人と英語で話してみたいお年頃」 
な中学生の女の子がいて その子がとっても親切にしてくれました。

「カートに乗った方がいいですよ (≧∀≦)キャ♡  」
「カートのチケットはここで買えますよ (≧∀≦)キャ♡ 」

みたいな・・ すっごく可愛かったです。
この子のおかげで結構助かりました。
中国の人って バスとかタクシーとかの単語も通じない人もいるし
若くても英語が結構話せる人もいました。
でも言葉が通じなくても親切な人ばかりだったです。

さてカートに乗って最初のパンダポイントへ。
成年パンダがおくつろぎ中でした。


s-DSC_0389.jpg
寝そべってテレビでも見ているかのようなポーズです

s-DSC00473.jpg
のしのし歩く姿は熊っぽいですが

s-DSC00471.jpg
こんなとぼけたポーズもしてくれます

パンダってみんな同じ柄かと思っていましたが
結構個性があるんですね。見比べて思いました。


s-DSC_0415.jpg

s-DSC_0411.jpg

↑上の2枚の写真のパンダは後足の一部が白いんです。
あと目の周りの黒い部分にも白い毛が少し生えています。
(写真クリックで拡大するので見てみてください♪)
目の周りの黒い部分は大きいほど美人さんに見えますね。

実は成年パンダはあまり多くは外に出ていませんでした。
この日も猛烈に蒸し暑かったので多くのパンダたちはパンダ舎の中にいたようです。
開園すぐの涼しい時間帯ならもっとたくさん見られたかもしれないです。

次は生まれたての赤ちゃんパンダです。
成都の基地では写真撮影が禁止だったのですが
こちらはフラッシュなしなら撮影してもいいみたいです。


s-DSC00490.jpg

両手のひらですっぽり覆えるくらいの小ささです。
残念ながらお顔が向こうを向いていたのですが
もぞもぞ はいはいをする様子を見ることが出来ました。

赤ちゃんが動くたびに おぉ~!って感じの歓声?があがり
観光客のテンションの高さにびっくりしました。

思えば日本には白浜と神戸の2か所にパンダがいるし
もうすぐ上野も復活しますよね。
割と見ようと思えば見られる環境だと思います。
でも中国以外でパンダを飼育しているのは12か所しかないんだそうです。
日本がそのうち2か所ということは その他は10施設のみ・・
生パンダを見る感動は 日本人よりも
他の国の人の方が大きいのかも、なんて思いました。
実際私も上野、神戸、白浜 ぜんぶで見たことあったしなぁ。

でももちろんここの方がより自然に近いというか
高い木に登る子パンダが見られたりして全然すごいです。
なにより子供パンダたちと遊べちゃいますしね。

さて次はその子供パンダたちについて。
子供パンダはさらに可愛らしいです。

☆このお盆成都&ソウル旅行記は こちら が最初の記事です☆
↓旅行記のブログが他にもたくさんありますよ♪ (´▽`*)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へCoRichブログランキング



今日はどんな格安ツアー?
こつぶの激安ツアーご紹介ブログ もぜひご覧ください♪
テーマ:子連れ旅行
ジャンル:旅行