ファミリー国内・海外旅行 子連れお出かけの記録を綴ります。

パンダ基地へ急げ!さくっと碧峰峡観光 2010.08中国成都&ソウル3日目その2
2010年11月24日 (水) | 編集 |
籠屋さんに騙されて 結局碧峰峡徒歩ルートで
パンダ基地に行くことになりました。
早く行かないと雅安パンダ基地がお昼休みになってしまうので
ささっと観光してみました。

s-DSC_0383.jpg
渓谷のところどころに見所がありました

スポンサーリンク

碧峰峡は徒歩で30~40分くらいだったと思います。
渓谷は緑が多く滝が何箇所もあって 
中国の観光客の人が記念写真をいろいろな所で撮っていました。


s-DSC_0357.jpg

s-DSC_0354.jpg

↑籠屋さんが 「ここで手を洗うとご利益があるよ!」
みたいなことを言っていた(私の憶測ですけど)場所。
他にも大きな滝とかお寺とか、ちょこちょこ籠を止めて写真を撮ってくれたり
みどころポイントの解説をしてくれたり(中国語なので分からないですが)
なかなかマメな籠屋さんでした。

最初は子供2人で籠をお願いしていたのですが
私があまりにヘロヘロに見えたのか 途中から籠に乗るよう勧められ
結局下の子と一緒に乗せてもらいました。
お兄さんたち 重くなってしまって ほんとごめんなさい m(´_ _`)m


s-DSC_0339.jpg

↑この写真では分からないんですけど かなりハードな山道です。
この斜度の階段を籠担いで登るか?っていう所でも
すいすい登って行くのはすごいと思いました。
小さな子や年配の方は徒歩だとかなりきっついと思います。


s-DSC_0337.jpg

廃墟の奥にも滝が。滝はいくつもあってマイナスイオン出てます!って感じ。
成都も雅安もすごく蒸し暑かったのですが この渓谷は涼しかったです。

ルートの最後の方に有名っぽいお寺がありました。
観光案内の人もいましたが 言葉が通じず
どういうお寺なのか謎のままでした。


s-DSC_0371_20101031122917.jpg
結構立派なお寺でした

s-DSC_0379.jpg
なんて書いてあるのかな~ さっぱり分からない・・

s-DSC_0377.jpg
お寺にもさりげなくパンダが♪

40分ほどで大きな道に出ました。籠屋さんはここで終了。
この渓谷の終点がバス停にもなっているようで
すでにバスが停車していました。
慌ててバスに乗ると 碧峰峡の入り口で助けてくれた男の人がいて
「このバスに間に合いましたか!良かった、良かった!」 と言ってくれました。
基地に入ってからこの言葉の意味が良く分かりました・・

予定外だった碧峰峡の渓谷観光でしたが、
籠も面白かったし 滝もきれいだったしまぁ良かったです。
でも、日本ってちょっと山の方に行くとすぐ渓谷ってありますよね。
なのでここの風景も特別感動したとかいうことは無かったです。
中国の観光客はハイテンションな人が多かったです。
日本で言うと奥入瀬みたいなところなんでしょうかねー。

雅安に一泊するとかで 時間に余裕があるなら行ってみてもいいかも。
その他の人は時間がもったいないので 籠屋さんに惑わされず (;´▽`A
そのままセンターからバスに乗ってパンダ基地に行った方がいいと思います。

さて次はやっと 雅安碧峰峡大熊猫繁殖育研究中心 に到着です!
パンダたちに会ってきました。

☆このお盆成都&ソウル旅行記は こちら が最初の記事です☆
↓旅行記のブログが他にもたくさんありますよ♪ (´▽`*)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へCoRichブログランキング



今日はどんな格安ツアー?
こつぶの激安ツアーご紹介ブログ もぜひご覧ください♪
テーマ:子連れ旅行
ジャンル:旅行