ファミリー国内・海外旅行 子連れお出かけの記録を綴ります。

ジュプンバリ Jepun Bali
2010年03月02日 (火) | 編集 |
ジュプンバリは、タンジュンブノア地区にあるスパです。
レストランも併設されています。スパとお食事がパッケージに
なっているプランがあるようです。私たちは子連れですので
レストランのみの利用でしたが、これが大正解でした♪

予約の電話をするとヌサドゥア地区のホテルなら送迎をしてくれます。
電話は日本語が話せる人に代わってもらえるので安心です。

miniIMG_0125.jpg
どちらかというとスパがメインですね

スポンサーリンク

レストランは道路に面していてこじんまりとしています。
でも庭があるのでうるさいとかそういうことはなかったです。
テーブル席の他に、外に東屋が2つあり、座敷になっています。
私たちが行った時、この東屋のうちのひとつに女性のグループが
いたほかはお客さんはいませんでした。そこでもうひとつの空いている
東屋をお願いしました。座敷は子連れには最適です。
のんびり食事をすることができました。

miniIMG_0083.jpg
屋外の東屋からレストランを撮影

miniIMG_0085.jpg
今度は道路側を 割と静かです

お料理は中華料理風のものやインドネシア料理、デザートまで
いろいろありました。どれもヌサドゥア地区にしてはかなり
リーズナブルな料金です。味付けもあまりスパイスがきつくなく
子供も喜んで食べていました。

miniIMG_0094.jpg
おすすめのスープ ココナツの実の器です

miniIMG_0095.jpg
フタを取った図

miniIMG_0106.jpg
子供に大好評のナシゴレン

miniIMG_0108.jpg
こちらも好評 ミーゴレン

miniIMG_0117.jpg
デザートのアイス お値段に注目↓

miniIMG_0097.jpg
なんと4000ルピア=約50円! (クリックで写真が拡大します)

miniIMG_0098.jpg
メニューの一部 (クリックで写真が拡大します)

大体 3万ルピア=約400円 ぐらいのお料理が多かったです。
蟹も頼みましたが、それでも 6万ルピア=約800円 です。
ホテルのレストランに比べたら激安です。

従業員の方もみなさんにこやかで子供好きです。
とても好感が持てました。日本語を話す方が一人いました。
今日本語を猛勉強しているところだそうです。
電話もこの方が担当しているようでした。

ヌサドゥアに宿泊する際はぜひおすすめします。
子連れなら 東屋を予約した方がいいかな。
親もゆっくり食事をすることができました。
(ジュプン・バリ については こちら でも書いています)

次はディスカバリーモールのフードコートについてです。

☆このバリ&台湾旅行記の最初の記事は こちら です☆
↓旅行記のブログが他にもたくさんありますよ♪ (´▽`*)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へCoRichブログランキング



今日はどんな格安ツアー?
こつぶの激安ツアーご紹介ブログ もぜひご覧ください♪