ファミリー国内・海外旅行 子連れお出かけの記録を綴ります。

KALラウンジ&セントレアキッズクラブ入会 2010.GWセブ1日目その1
2010年05月13日 (木) | 編集 |
今回のセブ行きはまず韓国の仁川国際空港へ向かいます。
仁川へは15時過ぎの出発でしたが 
余裕を持って昼過ぎには到着するよう家を出ました。
今回も名古屋高速、知多半島道路とも特に渋滞することはありませんでした。


s-DSC_0022.jpg
セントレアキッズクラブの会員証&クーポンブックです

スポンサーリンク

まず到着後向かったのが「セントレアフレンズ」です。
毎年4月初めから新規会員を募集していて
会員になると1回目の訪問で各種割引クーポンと会員証、
2回目の訪問でオリジナルピンバッジがもらえるのです。
(入会は直接空港に行かないとできません)

あらかじめHPから入会申込書をプリントアウトしておいたので
すぐに手続きができました。

一緒にもらったクーポン券が結構使えそうな感じです。
空港の駐車券300円分が1枚入っていました。
これは早速この旅行の帰りに使わせてもらいました。
他にも名鉄のミューチケット引換券や高速船の割引券、
クイーンアリスアクアの子供無料券などが入っていました。
今年は夏にまた旅行の予定があるので
その時にピンバッジがもらえる予定です。子供も楽しみにしています。

入会出来るのは小学校6年生までです。
中部国際空港にお出かけの際は入会してみてもいいかも。
ただし先着何人、という枠があるようです。
4月初めに募集開始でGW初日にはまだ入会できました。

s-IMGP1303.jpg
今回利用したセントレアKALラウンジです

毎度セントレア利用の際はカードラウンジの
「プレミアムラウンジセントレア」に行くのですが
(プレミアムラウンジセントレアについては こちら で書いています)
名古屋からインチョンまで大韓のビジネスクラスを利用するので
今回は早めに出国してKALラウンジに行くことにしました。

大韓のチェックインカウンターはかなり混雑していたのですが
プレステージクラス専用窓口で並ばずチェックイン出来楽々♪
出国手続はまったく人がおらずうちの家族だけ状態でした。
GW初日でこの閑散っぷりは意外でした。
(午後の中途半端な時間だったからかな・・?)

出国後免税店を観ることもなくKALラウンジへ。
大韓のラウンジは思っていたよりこじんまりしていました。


s-IMGP1308.jpg
軽食各種

s-IMGP1307.jpg
ビアサーバー&ワインなど

s-IMGP1320.jpg
ビールはエビス 普通のと黒がありました

軽食はおにぎり、カップめんのミニサイズ、サンドイッチなど。
他にドーナツなどが数種類ありました。
ビアサーバーはエビスです。生ビールがおいしかったそうです。

PCは以前は置いてあったようですが撤去されていました。
個人情報保護のため云々・・ という貼り紙がありました。
でも無線LANは利用できますし、希望すればケーブルも借りられるようです。

席数は多くはありませんでしたが人が少なかったので
(プライオリティパスの人はスタアララウンジに行っちゃったのかな・・?)
搭乗まで1時間以上、ゆっくりできました。

次は名古屋-仁川間の大韓ビジネスクラスについて。
大韓は子供向けのサービスが充実していました。

☆このGWセブ旅行記は こちら が最初の記事です☆
↓旅行記のブログが他にもたくさんありますよ♪ (´▽`*)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へCoRichブログランキング



今日はどんな格安ツアー?
こつぶの激安ツアーご紹介ブログ もぜひご覧ください♪
テーマ:子連れ旅行
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
おお
こつぶさん、またまたビジネスクラスで行かれたんですねi-179
子供向けのサービスが充実していると、
それだけでも印象が良いですよね。

そう言えば、前にセントレア利用した時も、
何かキャンペーンをやっていて、
セントレア内で使える商品券のようなものを頂きました。
キッズクラブも楽しそう~。

2010/05/13(Thu) 11:22 | URL  | sonomama #POQ5NLzM[ 編集]
sonomamaさん
ビジネスクラスは名古屋からソウルまでだけなんです~
2時間のプチ贅沢でした (;´▽`A

セントレアって、「空港に遊びに行く」っていう人が多いところなのでいろいろイベントをやっているかもしれませんね。
開港当時は空港への日帰りツアーが人気だったみたいです。
2010/05/14(Fri) 08:49 | URL  | こつぶ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック